エントリー

2012年10月の記事は以下のとおりです。

北大研究林のようす

  • 2012/10/24 16:30
  • カテゴリー:日記

三光カメラさんのブログを見てわたしも先ほど北大研究林に行ってみました。

 

北大研究林は今日はじめて行きました(笑

仕事の息抜きをするには人も少ないですし良い所ですねぇ。

写真はCANON EOS 60D で撮影しました。

今回は現場で細かく設定を色々いじりながら撮ってみました。写真は撮影後補正はしていません。

 20121024161143.JPG

池もあるのですねぇ。

ものすごい逆光でデジカメの液晶もみにくく、現場では実際どのように撮影されたか確認ができませんでしたが、まあまあ見れますね(笑

池のまわりをぐるっと歩けます。

20121024160702.JPG

すごく黄色です(笑

20121024161014.JPG

この木だけが真っ赤になっていました。

20121024161138.JPG

20121024161137.JPG

20121024161015.JPG

20121024161016.JPG

20121024161018.JPG 

20121024161139.JPG

鳥も人に慣れているようで随分近くまで寄ってきます。

20121024161140.JPG

20121024161141.JPG

20121024161142.JPG

鳥はなんだか和みますねぇ。

今日は陽も差して暖かく気持ちよかったです。

苫小牧漁港ホッキまつり(問題点多数)

町内のマルトマ苫小牧卸売の敷地内で催される苫小牧漁港ホッキまつりに行くというので、日曜の朝だというのに家族に叩き起こされ行って来ました(汗

 

町内なので徒歩で行きましたが結構空気が冷えてきてますね。。。

 

20121021231347.jpg

こちらに近づいて来る途中からものすごい人がいるのが見えていました。会場はどんなことになっているのか・・・。正直、人ごみは嫌いなんです(汗

20121021231348.jpg

会場は物凄く人がいて混雑しています・・・。

並んで物を買って、食べる席を探すというのがもう嫌なんです。見た感じでは来場者数に対してイスは圧倒的に少ないです。

折角来たので何かホッキ料理が食べたいので・・・列の少ないお店を探します。

ステージがあるこちらがメイン会場のようですが、市場の向こう側にもお店が出ていてそちら側は割りと空いているようでした。

 20121021231349.jpg

大きな鍋で作る海鮮汁(?)があったのでちょっと並んで買ってみました。

20121021231350.jpg

1杯300円。カニやら鮭のアラ、すり身なんかが入って味噌汁に海鮮の美味しいエキスが出ていました。非常に美味しかったです。

その隣りで漁協婦人部が販売していた宗八のから揚げ。

20121021231351.jpg

手頃なサイズの宗八が5枚で300円。こちらでは次女の同級生のお母さんが販売されてました。宗八の旨みをそのまま味わえました。やはり調理が上手ですよね。素材を知り尽くしているという感じがいます。

 

ホッキものを目指してメイン会場に戻りました。時刻にして10時半頃だったのですが既に完売しているホッキカレーなど結構あり・・・驚くと言うよりは正直唖然です。いくらなんでも早すぎはしませんか(汗

20121021231352.jpg

人が並んでいなかったこちらのホッキめし500円を買いました。ホッキは右上にも1枚乗っていました。わたしがカメラを準備している間に長女が食べてしまいまして(笑

ひじきの風味があっていて美味しかったですよ。

 

主催者発表で来場者数は1万8千人だそうです。

今回買ったものはどれも安くて美味しかったとおもいます。他にも食べたいものはあったのですが・・・。

 

まず今回浮き彫りとなった問題点を客目線から書きます。

●会場を整理するスタッフがいない。

こういうイベントでは致命的です。行列が多数ありましたがそれは客が自主的に列を作っています。でも隣の店の列なのか列自体がごちゃごちゃして分からなくなっていました。

 

ある客が列の最後尾だとだと思って並んだ所は実は列の途中で、その列に並んで居た別の客から「並んでるんですけどっ(怒)」と言われて最後尾がどこか分からずどこかにいってしまいました。

 

そういう(もうちょっとひどい)感じの列に並ぶイザコザを3回ほど目にし、「どこが列かわからない」「一番後ろどこよ?」「横入りされた」というような不満をブーブー言っているのは沢山耳にしました。

 

どんなに美味しい物を販売してもこういうことがあると、美味しい物も不味くなります。

主催者側の人がカメラを首からぶら下げてのんきに写真を撮りながらウロウロしているようでしたが、その行列を見ても何もしない・・・といいますか、そこに問題点があることに気づいてなかったですね。

 

せめて「最後尾はこちら」のプラカードとそれを持つ人員くらいは用意しましょう(汗

 

●売り切れが早すぎ

1日の野外イベントなのでお店側もビビるのはわかりますが、10時半に売り切れというのはあまりにも早過ぎると思いますね。売り切れということで店舗スペースを専有するなら行列店に場所を譲るべき。

 

●飲食スペースが少なすぎ

延べ1万8千人があの狭いエリアに来て食べ物を買いその場で食べるわけです。イスを用意するのは困難だというのなら、札幌オータムフェストのように立ち食いができるようなテーブルを沢山用意するとか、地面に座れるようにブルーシートを敷くとか方法をいくらでもあると思います。

 

食べ物を並ばせてまで買わせ、それを食べさせるスペースを提供できないというのは、グルメ系イベントとしては終わってます。商売に走りすぎ。

グルメ系イベントは道内色々行っていますが、その中でも一番最低な運営です。(売られているグルメがおいしいだけに非常に残念)

 

もし会場の狭さを言い訳にするのなら、開催を漁港エリアにこだわる必要はないと思いますね。ホッキの水揚げを見せるわけでもあるまいし・・・。町内にはふるさと海岸や花火打ち上げ会場、もしくは道路向かいの青果市場など広い場所があるでしょうに(苦笑

 

運営者側の都合、特に漁協の都合だけで漁港区でやっているというのが見え見えで、来場者のことは二の次というのは感じますね。

 

イベント運営に不慣れな人たちがやっているとは言え、一人ぐらいそういうことに気づいて来年の改善に役立てて欲しいものです。

SLニセコ号2012

  • 2012/10/15 05:08

わたしのリフレッシュの為という建前で、家族をおいて一人でSLニセコ号に乗って来ました(笑

行程表をみると正直、電車に乗るのが好きな人ではないと退屈極まりない様な感じだと思います。苫小牧-小樽は特急と快速を使って片道1時間半、小樽-ニセコは2時間。往復7時間電車に乗ることになります。なので、電車好きのわたし一人で行った方がいいのです(笑

 20121015041903.jpg

小樽駅で撮影。

小樽駅は初めて行きましたが、ガスランプのような照明がたくさんあり、ノスタルジックなホームでした。ちなみにこちらのホームは裕次郎ホームと呼ばれています。

 20121015041904.jpg

すすで汚れている感じがなんとも言えないです(笑

車内は4人ボックスの席で、間に木製のテーブルが置かれています。

2号車カフェカーだけ内装が異なります。

 20121015041901.jpg

他の車両よりより一層ノスタルジックな感じでした。カフェカーでは沿線駅のおみやげ品や記念グッズなどが購入できます。


だるまストーブです。

20121015041902.jpg

これは各車両についてます。

イミテーションではなく冬の運行時には使う感じでしょうか。

SLなのでポッポーと大音量で黒煙を大量に出しながら走るわけなのですが、沿線の住民からクレームとか来ないのかな?と思ったりしていました。

20121015041858.jpg

ブレているのでわからないかも知れませんが、線路脇の道路から手を降っている人をたくさん見ました。あと、沿線の住宅のベランダからや農作業中に手を振る人も多数で結構歓迎されているのかなという印象です。いらぬ心配だったようです(笑

 

今回はSL乗車+ニセコヒルトンのランチ&日帰り温泉+ニセコ駅からニセコヒルトンへのバスがセットになったプランで行きました。

ニセコ駅で下車しバスでニセコヒルトンに向かいます。

20121015041905.jpg

ニセコヒルトンのラウンジです。

滞在時間は3時間くらいで、その間に温泉に入って食事をします。バスタオルとフェイスタオルのレンタルも料金に含まれています。ボディソープ・シャンプー・リンスは備え付けられているので手ぶらでいけます。時間的にはかなり余裕がありました。こちらの温泉は、帯広のモール泉のようにツルツルという感じです。

入浴後はランチです。

ハンバーグ定食?かカツカレーから選ぶようでこちらにしました。

20121015041859.jpg

羊蹄山が大きく見える窓側の席でこちらを頂きました。

おしゃれなお皿でかつ盛付け美しいです(笑

カツは厚くて美味しかったです。さすがヒルトンという感じでしょうか。

帰りの席はSLのすぐ後ろの車両にでしたので、外を見るとこんな感じでした(笑

20121015041900.jpg

曇り空ではないですよ。黒く見えるのはSLの黒煙です。

車両内にもかるーくすすの臭いがしてきます。SL乗っているという実感も沸くでしょう(笑

道中、線路脇に撮り鉄の方々も沢山見かけたので大体の撮影ポイントは分かりましたので、今度は黒煙を出して走っているところの写真を撮りたいと思いました。

停車駅の案内は普通の電車ですと車内放送ですが、このSLニセコ号は車長さんがベルをカランカラン鳴らしながら停車駅を自声でアナウンスして歩いてきます。ユニフォームもレトロな感じで雰囲気は良いと思います。

 

グッズが当たる抽選会やちびっこ車長さんなどいろいろなイベントもありました。

 

2012年のSLニセコ号は11月4日までの土日運行です。わたしが今回利用したパックは5900円です。詳しくはJR北海道のパンフレットを見て下さい。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

雷の撮影に挑戦
2013/09/08 from りきや
トヨタ自動車北海道の工場見学
2013/09/08 from りきや
雷の撮影に挑戦
2013/09/08 from 池田真樹
トヨタ自動車北海道の工場見学
2013/09/08 from 池田真樹
トヨタ自動車北海道の工場見学
2013/09/08 from 池田真樹

Feed